« 新規サービスに新フレームワークを使うべきでは無い | メイン | フレームワークがもたらした生産性 »

webページのリンクの下線について考える(2008/06/11)

 一昔前なら、リンクは青色下線付き、だったが最近はそうでもないのかな。

・最初から下線付き
・マウスオーバーで下線付き

の2種類を上手に使い分けると見やすくなる。

1.リンクが多いところでは、マウスオーバーで下線付きにしよう。

 たとえば、リンクの一覧はこれにあたる。最新記事の一覧とか。このブログのサイドバーにある「最近の投稿」はタイトルに下線が付いているが、タイトルが長くなれば長くなるほど読みにくいのがわかる。また、本文中にリンクが頻出しやすいはてなダイアリーのキーワード勝手にリンクとかもそれにあたるだろう。
http://jp.msn.com/
http://www.yahoo.co.jp/

2.本文中では最初から下線付きにしよう。

 これは今まで通りなのだが、本文中でリンクが明らかになるように下線を引く。はてなダイアリーだとそれもあてはまらないのかもしれないが。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e5534aac238833

webページのリンクの下線について考えるを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。