« 本日の昼食は生マグロ定食。たまには社食で気合を入れるのも悪くない。 | メイン | iPhoneとUIEngineと »

[java] getContextPath( ) でサーブレットのコンテキストパスを取得する(2008/06/29)

 メモとして。普通ならHttpServletRequestからコンテキストパスを取得すれば良いのだけど、プリロードした時やinit()でコンテキストパスが欲しい時に使う。Servlet API2.5から使えるようになった。つまり、Tomcatで言うところの6以降。Tomcat5.5系では使えない。

 Teeda+Doltengで開発していると、デフォルトでgeronimoのjarが入ってきて、こちらやServletAPI2.4になっているので注意が必要。つまり、スマートアシスト(だっけ?)で2.5のAPIが出てこなかったりする。ライブラリの参照から(ビルドパスから)消してしまえば良い。削除!削除!

Servlet(サーブレット)リファレンス:javax.servlet.ServletContext#getContextPath()

http

://struts.wasureppoi.com/servlet/02_getContextPath.html

この機にTomcat5.5で動いていたものをTomcat6.0に移行。バージョンがごちゃごちゃになってきた。こういうときに管理しやすいツールがあると便利である。

あと、Servlet2.5の追加機能がまとめられているページもあるようだ。

Servlet2.5追加機能-TECHSCORE-

http

://www.techscore.com/tech/J2EE/Servlet2.5/index.html

↓も参考になる。

“安全”のためにTomcatを理解し、構築し、動作させる (1/3) - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/safetomcat_01/safetomcat_01_1.html

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e553956b1c8834

[java] getContextPath( ) でサーブレットのコンテキストパスを取得するを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。