« [メモ] WITHOUT OIDS について | メイン | はてなダイアリーって下線が付きすぎると読みにくい »

[メモ]seasarのソースコードを読むにあたって、JDKの設定とか(2008/04/21)

Seasar - DI Container with AOP -
http://s2container.seasar.org/2.4/ja/setup.html

seasarのソースコードを読むことにした。人が書いたソースコードを読むのが好きだからなのだが、seasarはJDK1.5ベースのソースゆえコンパイルに失敗。↑にあるとおり、eclipseの起動オプションに-vmでjavaw.exeのパスを与えて解決。そしたら、JDK1.6ベースで作っていた既存プロジェクトがコンパイルエラーに(笑)。java.text.Normalizerは1.6からですな。

とりあえず、Eclipseのワークスペースを分けて対処。既存プロジェクトはSVNからソースを取り直す。Tomatプロジェクトでインポートしなかったので失敗。とほほ。

一応抜粋しとく。手元のEclipseのバージョンは3.3だがその辺は関係無いだろう。

Eclipseのバージョン3.2をこのリンクから指示に従ってインストールします。 既にインストール済みの場合はその必要はありません。 標準のJDKのバージョンが1.5系でない場合、Eclipseの起動引数に

eclipse.exe -vm "C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_07\bin\javaw.exe"

のように1.5系のjavaw.exeを指定する必要があります。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e551f0903e8833

[メモ]seasarのソースコードを読むにあたって、JDKの設定とかを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。