« [JavaScript] 昨日に続きJavaScriptを勉強します、Porototypeチェーンとか | メイン | Movable Type と WordPress どっちが良いの? »

[メモ] CentOS5.1をMicrosoftVirtualPCにネットワークインストール(2008/01/25)

 開発環境を準備するためにCentOS5.1をMicrosoftのVirtualPCにインストールする。そのメモ。マシンへのインストールは以前、

UIEngine だ: メモ CentOS5.1のネットワークインストール
http://uiengineda.blogs.com/uiengine_/2008/01/centos51.html

でやっているので、内容はほとんど同じ。

 

  1. VirtualPC上で新しいVMを作成。メモリ等は後で変更できるので適当に。
  2. VM作成後、VMを起動。
  3. メニュー「CD」→「ISOイメージのキャプチャ」からCentOS5.1のネットワークインストール用ブートCDイメージを選択。
  4. メニュー「操作」→「リセット」でリセット。
  5. ブートCDが起動。
  6. インストールが始まる、後はいつもどおり
  7. Choose a Language から、文字化けするかもしれないのでEnglishを選択。
  8. Keyboard Type はjp106を選択。
  9. Installation MethodはHTTPを選択。
  10. Configure TCP/IP でIPv6の設定は無効に。固定IPを指定するのでManual cofigurationにチェック。
  11. Manual TCP/IP ConfigurationでIP等を設定。手元の環境ではIPは192.168.0.210を指定。IPは環境にあったものを設定。
  12. HTTP Setup で Web site nameを「ftp.riken.jp」に、CentOS directoryは「Linux/centos/5/os/i386」に。「Linux/centos/5.0/os/i386」は、does not matchとしばらく後に出るのでダメ。
  13. Retrieving images/minstg2.img と表示され、、、インストールイメージの取得開始。
  14. Welcome to CentOS! と表示されたら成功。ダメなら、HTTP Setupのダウンロード元の設定が間違っているかな。
  15. Warningでパーティションテーブルが無いと出るがYESで。
  16. Partitioning Typeは一番上のRemove all をとりあえず選択。仮想HDDで16GBに設定したが(VM作るとき)、マシンにそれだけの空き容量が無い。どうなるか?
  17. Warningがもう一度でるが、Yesで。
  18. Review Partition Layoutで念のためYesで。
  19. PartitioningはそのままOK。
  20. Low Memoryの警告が出た。256MBでVM作ったので仕方無いか。とりあえずYes。
  21. Boot Loader Configuration は、そのまま。User GRUB Boot Loader。
  22. Boot Loader Configuration でパスを聞かれるがブランクでOK。その次のGRUBパスワードも設定せずにOK。その次もBoot labelの確認もそのままOK。ブートローダーのインストール先もそのままOK。
  23. Configure Network Interface のネットワークインタフェースの設定は特にいらないのでNo。
  24. Time Zone SelectionはAsia/Tokyoを選択。
  25. Root Passwordは希望のものを設定。
  26. アプリケーションは必要なものを選択、インストールを実行。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e5509aac7f8834

[メモ] CentOS5.1をMicrosoftVirtualPCにネットワークインストールを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。