« Googleカレンダーと操作の習慣 | メイン | ステート変数 »

いろんなデバイスに対応したアプリケーションを高速に開発するための方法(2007/06/14)

Uiedesigner 本日は、UIE DesignerというUIEngine用のアプリケーションを開発するツールについてのエントリー。存在自体はなんとなく知られていて、最近の展示会でも展示されていたので知っている人は多いのだろうが、私は昨日初めて見たので書いておく。

 まだ公開されていないのだが、かなり作りこまれていた。ノンプログラマーでもアプリケーションを開発できるようにしている点は高く評価。例えば、プログラマーがパーツと言うか、「アセンブリー」を提供し、デザイナーがアセンブリーを使ってGUIベースで開発していくというスタイルをはっきり目指しているところが素敵だ。左の画像は、昨日見た画面を脳内キャプチャし吐き出したものだ。

 ここにあるFlickrとリストボックスという四角が「アセンブリー」で、三角が出力、丸が入力で、三角と丸をドラッグしてつないでアプリケーションを作成するというイメージ。バックグラウンドの処理(ここではFlickrから画像を取り込む処理)、とUIの処理(ここではリストボックスに画像を表示する処理)を分離して、わかりやすくしているのも良い。

 実際触っていないし、デモで見ただけなので褒めることしかできないのでつらいが、そんなものがもうじきリリースされるようである。まずは期待。

 デモの操作を見ていて、キーボードとマウスの手の移動が多すぎて大変に見えたが、たいしたことは無いのでリリース時には改善されているだろう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e5506f9a408833

いろんなデバイスに対応したアプリケーションを高速に開発するための方法を参照しているブログ:

コメント

hello

hello, i can not really read japs. but if possible may i have your email for some UIE discussion.

now i want set up a UIE server which consists apache and php. but i do not clear about relation ship between UJML and how the three things work together. i can make php work with apache without any problem.

if possible please drop me an email at
[email protected]

thank you very much.

この記事へのコメントは終了しました。