« 本をたくさん買ってみた | メイン | UIEngine »

uieme! のインタフェースはスクロールバーふぇち(2007/05/07)

Uieme UIEvolution社が提供しているuieme!を使っていて思ったことを書いてみる。

 今日は2つ

1.Windowsっぽい

 uieme!ではWidgetsを組み合わせて一つのサービスを作ることができる。作りこもうとすると、フォルダを設けて、そのなかにいくつかのWidgets(写真とかRSSリーダーとか、文章とか)を配置し見事なツリー構造にする必要がある。これが、作りこめば作りこむほど使いにくくしている。

 Windowsのエクスプローラもフォルダ内にファイルやフォルダがたくさんあると開くのが遅くなるし、目的のものを探すのが大変だ。uieme!も実際そんな感じ。携帯やブログパーツでは画面サイズが小さく、表示できる項目が限られるので、大きなものを作りこんだら負け。いかに小型でピリッときいたものを作るかが問われている。

 で、私の結論はツリー構造で無限にmeCast(Widgetsの集合の呼称)を構成できるようにしたのは失敗で(三階層以上は無意味というのが実感)、直感的に選択できるようにアイコンパネル式にした方が良いのでは?ということ。アイコンをたくさん用意し、オリジナルも作れるとなお良い。(但し、画像形式はダウンロードが遅くなってしまう問題があるので工夫が必要だ。boxとlabelを使って無理やりアイコンを構成するとか。アスキーアートっぽく。)

2.スクロールバーふぇちについて

 先の話にも通じるのだが、ツリー構造の無限構成を可能にした関係で何かのリストが画面に表示されるとスクロールバーが表示される。私はこのスクロールバーがすごく嫌だ。スクロールバーを使うためにWidgetsが作られているような気がするぐらい。(私がポインティングデバイスを使えないデバイス上で使っているからかもしれないが。。。)

 とりあえず、縦長の画像を表示するときにスクロールバーはいらないのでやめて欲しい。画面の縦におさまるように縮小した画像を表示すべき。これまでいくつかの修正希望を書いてきたが、スクロールバーありきのインタフェース設計は絶対におかしい。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e5509596468833

uieme! のインタフェースはスクロールバーふぇちを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。