« デバイスの文字コードセットの差はどこで吸収するんだろうか? | メイン | ユーザーインタフェースは色で勝負 »

UIEngineとウェブサービスを連携する方法について、フォーラムにて良い質問があった(2006/12/04)

Donguri

 フォーラムにあった質問を紹介。UIEngineとウェブサービス等のリモートサービスと連携させたいときにどんな方法があり、推奨されるものは何か?という質問。↓

UIEvolution Developer Forum - Apps leveraging remote services - Powered by XMB
http://developer.uievolution.com/forum/viewthread.php?tid=121

【実現手段】
1.フルコンパイラーを使う方法:UIEvolution社はサーバーサイドでUJMLを動的にujbcにコンパイルすることができる、コンパイラーを提供している。UIEServerがこれにあたるのかな?現在は問い合わせがあれば提供している。

2.recordsetジェネレータを使う方法:UIEvolution社はサーバーサイドでデータをujbcにコンパイルすることができる、軽量コンパイラーを提供している。フルコンパイラーに比べサーバーへの負荷も低い。Perl,PHP,Java等メジャーな言語に移植済み。こちらは、公開されているのでダウンロードして使うことができる。

UIEvolution Developer Blog.: Databinding
http://www.uievolution.com/blogs/developer/2006/04/databinding.html

3.クライアントでがんばる方法:UIEvolution社はクライアントアプリで直接HTTPリクエスト、レスポンスを処理するためのコンポネントを提供している。クライアントでの処理負荷が高くなるのであまり推奨していないが、サーバーにrecordsetジェネレータをインストールできないときにはこの方法を取ることもできる。現在は問い合わせがあればコンポネントを提供するという形。

 わたしは2のrecordsetジェネレータを主に使っている。サーバーで動的にUI(ユーザーインタフェース)を生成する必要が無ければrecordsetジェネレータで充分だろう。「life is beautiful」の中島さんも最近公開したテレビガイドアプリにはrecordsetジェネレータを使用している。

Life is beautiful: Livedoor の「テレビ番組RSSフィード」で遊んでみた
http://satoshi.blogs.com/life/2006/09/livedoor_rss.html

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e55095348b8833

UIEngineとウェブサービスを連携する方法について、フォーラムにて良い質問があったを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。