« 価格.comの商品検索アプリのプロトタイプ | メイン | デバイスの文字コードセットの差はどこで吸収するんだろうか? »

ソースファイルを超えて何かを共通にしたいとき(2006/12/01)

 ソースファイルを超えて何かを共通にしたいとき。たとえば、A.ujmlとB.ujmlがあって、A.ujmlは配列Xをexport、B.ujmlはそれをimportする場合等。ENTITYを外部ファイルP.entに定義して、A.ujml,B.ujmlにてインクルードする方法を良く取る。

 配列Xのサイズを変更するときにP.entのみを変更すれば済むという利点がある。UIEvolution提供のサンプルもこの方法でやっているものがいくつかあるが、ENTITYの宣言部分に、

    <!ENTITY % llmodelconsts SYSTEM "models/llmodelconsts.ent">
    %llmodelconsts;

こんな感じになっているのがそれ。llmodelconsts.entはENTITY(いわゆる定数)を宣言したテキストファイルで、拡張子は異なるが別に難しいことが書いてあるわけではない。SDK付属のサンプルディレクトリ内を*.entで検索してみると良い。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e5509532708833

ソースファイルを超えて何かを共通にしたいときを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。