« 合宿成果第二段:インタフェースからコンポーネントのスケルトンを自動生成しよう component generator だ | メイン | box要素の表現力 »

合宿成果第三弾:スライドショー(2006/11/02)

Slideshow 合宿成果第三弾はスライドショーサンプル。(閲覧にはJAVAが必要です。)何にも使えないとか、そういった突っ込みは無しで。

 ソースコードは760行ぐらい。コメントがほとんどないので読みにくいと思うが、以下からダウンロード可能。includeしているスタートボタンは練習に自作してください:)。

Download slide_menu.ujml

うにうに中心から出てくるときに「the maximum-frame-rate method」を使うべきだがそのままにしてある。詳しくは、「UIEngine だ: UJMLサンプル025:ブラインドエフェクト the maximum-frame-rate method」を参照のこと。

 それから、表示される画像は固定されているが、サーバーサイドと通信してrecordsetか何かで取って来るようにすればそれなりのものはできるだろう。(閲覧だけだが)

 もともとはフリッカーのUIを実装するために作っていたコードを流用したのだが、うにうにっと広がった後に次の画像に移動するときの動いている感を出すのに試行錯誤した。

 それから選択時に表示される小さい画像が何故サムネイル(縮小)ではなく、実画像の中央部分なのかというと、できるだけデータ通信料を省くためなのだ。ただし、中央部分だけでは何の写真なのかわからないことがほとんどなのであまり実用的ではない。(まず、画像中央のみロードして、見たくなったら周りをロードするという方法を考えたのだが、この方法だと見たいときにすぐ見れないのでいまいちなのだ)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e550aaa3898834

合宿成果第三弾:スライドショーを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。