« エディタは何を使っていますか? | メイン | stopwatch.ujmlに見る、delayの使い方 »

UIEngine及びUJMLをもっと知りたくなったときにどうするか?(2006/10/31)

Kairei 先日のエントリーから随分間が開いてしまった。そもそも「UIEngine だ: _prefetch()関数とresourceエレメントの話」のエントリーに頂いたコメントから「リソースとは何だ?」という話になり、リソースに関する詳しい解説をすると宣言したものの、一旦公開したエントリーを5分で取り下げたりと、細かな部分で確認に手間取ってしまい、結局書いていたエントリーもいまだに公開できずにいる。

 一旦公開したエントリーをすぐ取り下げた理由は、細かい部分でクリアになっていないことがあったのと、結局どうするの?という部分が明確に示せなかったからなのだが。

 さて、表題にあるもっと知りたくなったらどうするか?なのだが、現状、UIEngine及びUJMLを詳しく知るためのソースは主に次の4つがある。

1.英語のリファレンス(言語リファレンス、インサイドUJML等)
2.日本語のリファレンス(1.5限定、言語リファレンス、インサイドUJML等)
3.フォーラム(英語限定)
4.直接UIEへ問い合わせ(メールで)

今回、リソースに関して調べて分かったことは、『リソースに関係して出現する用語(「キャッシュ」「ファイルシステム」「メモリー」等)をきちんと理解しないと全く話が通じないが、リファレンス上でそのあたりの用語がしっかり定義されていないので困る。』ということである。例えばフォーラムではリファレンス上に出てこない用語を使った回答が普通に戻ってくる。

 それから、日本語のリファレンスは細かいところをきっちり訳せていない部分もあるので、本当に細かい、例えばUIEPlayerの動作仕様等、を理解したくなったら1,3,4をソースとして使い、4は日本語で問い合わせるのが最強だろう。今回も最後には4に日本語を使った。

 あと、リソースの話を引き継いで、詳しい解説抜きに結論だけ述べると、「敢えて_prefetch()関数を使用してリソースをロードする必要はほとんど無い」ということだ。その解説は後日するかもしれない。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e550aa9fd68834

UIEngine及びUJMLをもっと知りたくなったときにどうするか?を参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。