« コンピュータはインタラクティブなインタフェースがなければ、ただの箱になってしまう。 | メイン | 制限速度を守ってドライブに行ったのかなぁ? »

Opera Widget を試してみる「誰もが作れる、高度なプログラミングを除外するアプローチ」(2006/08/08)

Opera_widgets OperaWidgetsを試してみた。OperaWidgetsを使うにはOperaというブラウザをインストールする必要がある。インストールはこちらから。

Opera ブラウザ: ホーム
http://jp.opera.com/

OperaWidgetsは「Opera Widgetize!」と言うWEB上のウィジェット作成ツールを使うことができる。そのコンセプトは次のようなものだ。プレスリリースから抜粋すると、

DIY ウィジェット: Opera Widgetize! でインスタント・ウィジェットを作ろう
http://jp.opera.com/pressreleases/ja/2006/07/19/

「Opera ユーザの皆様の多くがウィジェットを作りたいと望みながらも、沢山の時間を費やしたりコーディングを学んだりはしたくないと考えていました。」と Opera Software の CTO、Håkon Wium Lie は述べています。「そこで弊社は、そういった全作業をユーザの皆様の代わりに行うサービスをご用意しました。骨を折らずにウィジェットの醍醐味を堪能でき る一番簡単な方法と言えましょう。」

ということだ。実際に試したところOpera Widgetize!で現在作成できるウィジェットは

・RSSフィードをデスクトップに表示するウィジェット
・Flickr等の画像をスライドショー的にデスクトップに表示するウィジェット

である。とりあえずこのブログのRSSを表示するものを作成してみた。作成するだけなら、

Widgetize, the Opera Widget generator
http://widgets.opera.com/widgetize/

のサイトでおこなえる。プレスリリース通りコーディングの必要は無い。わずか数クリック程度だ。しかし、実行するにはoperaをインストールしなければならない。作ったものの実行できる人はかなり少ないに違いない。ためしにこのブログをOperaで閲覧している人の割合を確認してみると、

0.9%

だった。

 0では無いのだ。この方のために、本ブログ用のOperaウィジェット公開である。

Widgetize!

どうだろうか?期待通りに動作すればうれしい。

 さて、このような誰でも作れるという取り組みはすばらしいと思う。もちろん、マニアックなエンジニアが作ったウィジェットも公開されている。

Opera Widgets - Weather, News, and More
http://widgets.opera.com/

でも、少し気に入らなかったら自分で作ればよいし、初心者でも簡単なものなら作れる場を提供しているのだ。

 今後はOpera Widgetize!でWEB-APIを使うウィジェットを作成できるようになったら面白い。UIEngineでも、よりリッチなアプリケーションを作るときにはWEB-APIははずせない。WEB-APIは結構面倒なことが多い、インタフェース仕様も何種類かあるし。それを全て吸収し、簡単にウィジェットを作れるようにしたらそれは結構面白いことになるに違いないのだ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e550aa5d578834

Opera Widget を試してみる「誰もが作れる、高度なプログラミングを除外するアプローチ」を参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。