« 「パンク」って何? "flat tire"です。 | メイン | 写真の楽しみ方 flickr pro で写真をバックアップ »

写真の楽しみ方 Picasa と flickr を使いながら未来のプラットフォームを考える(2006/08/09)

Flickr  先日、

UIEngine だ: ハードディスクにたまった写真の楽しみ方

で、ハードディスクにたまった写真をどう楽しもうかというエントリーを書いたが、すぐNaotakeさんからコメントをもらった。こうして、フィードバックを得られるのはうれしいものだ。

 さて、コメント欄ですすめられた iPhoto を試したかったものの、MACが無いので Picasa を早速インストールした。以前、Picasaを使っていたことがあったがタグを付けにくかったので、使うのをやめてしまった経緯があるが、再度楽しみ方を求めての挑戦だ。

 それともう一つ、flickrにサインアップし楽しみ方を模索することにした。flickrを選んだ理由は、flickr用のYahoo!Widgetsがいくつか公開されており、Yahoo!Widgetsが入っている私の環境では管理しやすいのでは?と考えたからだ。

 さて2つを同時に使い始めて気付いたことがある。それは楽しめる状態にするまでのことだ。picasaはハードディスク内の画像を検索し、picasaの管理下に置く。これに対し、flickrはサーバーにアップロードする作業が必要だ(アップロードにはflickrから提供されているuploaderを使用できる)。

 そもそも、デジカメからPCにコピーする作業をしているので、アップロードを意識して行うのは苦痛だ。以前のエントリーで書いたことがあるが、ユーザーにとってはデータがPCに格納されているのか、それともサーバーに格納されているのか?はどうでも良いことである。今のところ、これがどうでも良くない設計に基づいているため、何度もコピーしたりアップロードする必要があるのだろう。

 未来のWindowsにはWEBサービス毎のレポジトリフォルダが用意され、ネットに接続された瞬間にサーバーとの同期を自動的に取るように動作するようになるのだろうなと思っている。もちろん、そのレポジトリフォルダ自体もユーザーが意識する必要が無いものである。ユーザーには一つのインタフェースが表示されるだけだろう。結局、最終的にはUIEngine的なアーキテクチャに近づいて行くに違い無いのだ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e550aa5c2f8834

写真の楽しみ方 Picasa と flickr を使いながら未来のプラットフォームを考えるを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。