« Developerを大切にする姿勢 IT系の会社の経営者は手本とすべし | メイン | UJMLサンプル121:超基礎:ユーザー入力でちょっとずつ移動その2 »

UJMLサンプル120:超基礎:ユーザー入力でちょっとずつ移動(2006/05/19)

Samples_120_boxmove  【初心者向け】前回のUJMLサンプル119では、実行ボタンの入力により四角の非表示/再表示をステート変数でコントロールするサンプルを紹介した。今回のサンプルは再表示のときに四角の位置を変更することで、徐々に移動するように見せるものだ。

 主には前回のコードに下のコードを加え、ユーザーの入力を受け付けるようにしている。mPosXを徐々に増やした後再表示を実行させることでこのように箱が移動しているように見せることが可能である。FIREに処理を紐づけているが「RIGHT」とすればより本来のUIらしくなるだろう。
<state var="sInput">
<transition value="true">
    <display>
        <box>
            <event name="onSelect">
                <!-- 表示するたびに少しずつ移動する -->
                <accelerators><key>FIRE</key></accelerators>
                <script>
                    if(sBox){
                        sBox = false;
                    }else{
                        mPosX = mPosX + 10;
                        sBox = true;
                    }
                </script>
            </event>
        </box>
    </display>
</transition>
</state>

ソースコード:
Download 120_main.ujml

UIEngine/UJML 初心者の方にお勧めのページ:
初心者向けまとめページ
初心者向けカテゴリ

その他の初心者向けのサンプル:
UJMLサンプル052:超基礎:HELLO WORLD! その1
UJMLサンプル053:超基礎:HELLO WORLD! その2 文字の色を指定
UJMLサンプル056:超基礎:HELLO WORLD! その3 文字の色を指定 ENTITYを使う
UJMLサンプル057:超基礎:HELLO WORLD! その4 文字の色を指定 変数から文字の色指定をする場合
UJMLサンプル091:超基礎:HELLO WORLD! その5 ラベルの背景も指定する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e550aa02888834

UJMLサンプル120:超基礎:ユーザー入力でちょっとずつ移動を参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。