« アプリを簡単にサーバー上に公開できるのは便利だが、それで満足して良いのか? | メイン | UJMLをコンパイルしたバイトコード ujbc に何故変数名が含まれているのか? »

ヴィジョンが技術により具現化され、具現化された技術によりヴィジョンに誘導される私(2006/03/26)

Pervasive  当ブログも気が付けば200ポストを超え、開始から2ヶ月経とうとしている。

 偶然UIEngineという技術と出会い、探求してきたが、最近UIEngineを使い実現したいことをまとめていたら、あることに気が付いた。

 前回の投稿にも書いたがUIEvolution社CEOの中島氏のブログに「パーベイシブ・アプリケーションの世界」という投稿がある。この投稿には、中島氏のヴィジョンが書かれている。

 今まで、じっくりこの投稿を読んだことは無かったが、気が付けば、私がまとめた実現したいことが、この中島氏のヴィジョンそっくりになってしまったのだ。中島氏の掲げたヴィジョンを詳しく知らない状態で、中島氏が自分のヴィジョンを元に具現化したUIEngineという技術に触れながら、私が勝手に積み上げたやりたいことが、中島氏のヴィジョンそっくりになった。

 そうなるのはあたりまえのことだと感じるかもしれない

 しかし、私はそうなった本質的な理由は1つだと思う。

 それは、「UIEngineが極めてコンパクトにまとまった技術だ」ということにつきる。

 UIEngineはあれもできるこれもできるというものでは無い。

 つまり、自己のヴィジョンの本質を捉え、不要なものを削ぎ落とし、具現化したUIEngineだからこそそうなるのではないか。

 私がまとめた実現したいことの絵と中島氏の投稿を見比べ、「誘導されたのか?」と、どこか気持ちの悪い妙な気分になったのだが、面白い発見もあったので良しとしよう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e550a9bbd68834

ヴィジョンが技術により具現化され、具現化された技術によりヴィジョンに誘導される私を参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。