« UIESDK2.0がようやくリリースされた Eclipseベースの開発環境、その使い心地はどうか? | メイン | SDK2.0で明らかになる、UIEngine及びUIEPlayerのライセンスについて »

「AJAXの本質」+「UIEngine用アプリ」=データバインディングの最初の一回はサーバーで(2006/03/16)

Ajaxの本質という非常に興味深い記事がある。UIEngine用アプリケーションを開発する過程で、今日、たまたまこの記事をじっくり読んでみた。この記事にはAjaxの本質を5点に、極めてわかりやすい形でまとめている。

---引用ここから
(1)アプリケーションの明示的なインストールが必要ない。
(2)サーバーとの通信を非同期に実行することにより、通信遅延によりUIをブロックしない。
(3)サーバーとのやり取りは、RPCではなく、メッセージで行う。
(4)データ・バインディングはサーバー側ではなく、クライアント側で行う。
(5)UIにインテリジェンスがあり、ある程度はサーバーに戻らずにユーザーとやり取りをする。

---引用ここまで

UIEngine用のアプリケーションを開発する上で、この5点はまさに抑えるべき事柄だ。

ただ、携帯電話等の小型かつ通信速度も遅いデバイスの場合には

(4)データ・バインディングはサーバー側ではなく、クライアント側で行う。

については、「少なくとも最初の一回はサーバー側でデータ・バインディング行った方が良いかもしれない」と直感的に思ったものの、これもまた作りながらケース毎に検証していこう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e5508dd7628833

「AJAXの本質」+「UIEngine用アプリ」=データバインディングの最初の一回はサーバーでを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。