« 何を作るか?UJMLのCMをUJMLで作る その6 | メイン | UJMLのエクステンションって何? »

UJMLサンプル049:基礎:文字列関数 _substring()(2006/02/18)

Samples_049_basic_substring今回は文字列を切り出す関数を紹介する。よく使う関数の1つ。

_substring()

_substring()関数は、指定された文字列の一部を抜き出します。

定義:
string _substring(string s, int beginIndex, int endIndex)
beginIndexから始まり、endIndexを含まない文字列が返ります。

例:
mStr = "俺の名はルパン三世";
mStrTemp = _substring(mStr,0,5);
※最初の文字「俺」からIndex=5の「パ」を含まない手前の「ル」までが戻る。

★---コード
<ujml>
    <application>
        <variables>
            <var name="mStr" type="string"/>
            <var name="mStrTemp" type="string"/>
        </variables>
        <script>
            mStr = "俺の名はルパン三世";
            mStrTemp = _substring(mStr,0,5);
        </script>
        <display>
            <multi-label>
                <text><eval>mStrTemp</eval></text>
                <width><eval>_getIntProperty(&_PROPERTY_INT_SCREEN_WIDTH;)</eval></width>
                <height><eval>_getIntProperty(&_PROPERTY_INT_SCREEN_HEIGHT;)</eval></height>
                <bg>&_COLOR_WHITE;</bg>
            </multi-label>
        </display>
    </application>
</ujml>

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef00e5509dabad8834

UJMLサンプル049:基礎:文字列関数 _substring()を参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。