« 大根の種をまいてみた | メイン | 稲刈り »

ajp1.3 Apache Jserv Protocol に関するメモ(2008/10/05)

The Apache Tomcat Connector - AJP Protocol Reference - AJPv13
http://tomcat.apache.org/connectors-doc/ajp/ajpv13a.html

↑詳細はこちらを参照

 Apache2.2とTomcat6のセットアップ作業をしたので、ajp1.3についておさらいを含めてメモ。昔はmod_jkを使っていたのだが、mod_proxy_ajpを使うように変更されていて、例によってパフォーマンス向上等が主な目的。

 おもな概要

  • ApacheとTomcat間でTCPのコネクションで通信。
  • 通信はバイナリで。(テキストフォーマットじゃ無いよ)
  • コネクションは使いまわす。
  • コネクションは使いまわすが、1コネクションに1つのリクエストのみ。1コネクションで複数リクエストの通信はしない。⇒というわけで、クライアントからApacheへのコネクションが増える(アクセスが増える)と、ApacheとTomcat間のコネクションも増えるということ。

といった感じ。

 あと、リバースプロキシの設定で、リダイレクトが期待通り書き換えられないので、その辺の調査を追加で行う。あ、そうだ、Apacheの新しいオーライリー本を買わなければ。

インターネット側


■Apache2.2(example1.com)

↓※リバースプロキシでexample1.comへのリクエストをexample2.comへ中継

■Apache2.2+Tomcat(example2.com)

 example2.comで返されるリダイレクトが、クライアント側にexample2.comでそのまま戻ってしまう。どこかの設定ミスだと思うが、調査。

[追記]ProxyPassReverseの設定が ProxyPassReverse / httpd://www.example2.com になっていた。とほほ。/etc/init.d/httpd restart と打ち慣れているからかなぁ。httpd -t とか。なかなか見つからなくて困った。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c2e2e53ef01053542f3e4970c

ajp1.3 Apache Jserv Protocol に関するメモを参照しているブログ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。